クレジットカードキャッシングの一括返済とは

クレジットカードには「キャッシング」という融資を受けるサービスがあります。このサービスは急な出費が発生したときに便利なサービスですが、借入時の設定によっては支払いの時に苦労することがあります。ここでは手軽に融資を受けられるクレジットカードのキャッシングとカードローンの違いに触れるとともに、「一括返済」と呼ばれる返済の詳細と実際の返済方法について解説します。

キャッシングとカードローン

手持ちが少ないけど、今すぐ現金が必要となる場合があります。例えば海外旅行先のショッピングで現地通貨で支払わなければならない時などです。こうした現金の借り入れが必要な場合、その方法は主に2つあります。1つ目はキャッシングサービス付きのカードローン、2つ目はクレジットカードのキャッシングです。

どちらも借り入れるという点では同じですが、一般的にはカードローンは借入時に一定の審査があるものの、ローン機能専用ということもあって比較的低い金利で融資をされたり、支払いに有利なサービスが設定されているなど一定のメリットがあります。

一方クレジットカードのキャッシングは借入時には審査はありませんが、あくまでのカードの付帯サービスのため、法定金利上限に近い15%以上の金利に設定されているなどローンに比べると見劣りするものとなっています。参考→ノーローン > キャッシング

どちらも基本的な考え方は同じですが、ここからは特にクレジットカードのキャッシングについて説明します。

クレジットカードキャッシングの「一括返済」とは

クレジットカードのキャッシングを支払う方法は、主に「一括払い」と「キャッシングリボ」の2通りがあります。一括払いは特定の日に借入金額を全て返済する方式で、キャッシングリボは毎月支払う金額が一定になるリボ払いで返済する方式です。

この二つは借入時に利用したATMの画面操作の中で返済方法を「一括返済(キャッシング)」または「リボ払い(カードローン)」を選択したときに決定されます。注意したいのはショッピング枠にみられる分割払いはキャッシングには存在しないということです。

商品を購入するときはどれだけの金額をいつまでに支払うということを決めることができます。それに対してキャッシングでは借り入れる金額や返済までにかかる日数が確定できません。このため一括払い以外ではリボ払いしか選択できないのです。

キャッシングはショッピングに比べて金利が高く、一括払いと比較して支払う期間が長くなるキャッシングリボは金利手数料の負担がさらに大きくなります。安定的な返済を希望するのであればリボ払いでもよいのですが、支払金額の設定によっては金利手数料の支払いが増えて元金の返済がほとんど進まない恐れがあります。

ですので可能な限り早く借入金を返すほうが支払う金利手数料の総額を減らすことにつながります。そして実はキャッシングリボで支払っている借入金をまとめて一回で返済する「リボ払い一括返済」という方法があります。

実は「一括返済」とは、借入時に選択した「一括返済(キャッシング)」の「一括払い」と、リボ払いをまとめて1回で返済する「リボ払い一括返済」のどちらも意味しているので注意が必要です。

「リボ払い一括返済」をするためには

「リボ払い一括返済」を申請するにはクレジットカード会社によって異なりますが、多くは電話かインターネットの個人ページを通して申し込む方法をとっています。電話は原則としてカード利用者本人が行います。支払う方法は「口座引き落とし」「銀行振込」「ATM支払い」がありますが、例えば楽天カードは口座引き落とし以外は選択できません。

申込時に支払いの方法を確認してください。

銀行振込、ATM支払いのメリット

銀行振込、ATM支払いはカード会社に申請をして返済日を設定し支払う方法です。返済日は口座引き落とし日以前にすることが可能です。この方法のメリットはキャッシングの金利が日割り計算のため、支払日までにかかる手数料を減らすことができるという点です。

特に「リボ払い一括返済」の場合は余計な金利手数料は払わず早く借金から解放されたいという思いが強いはずですので、この選択を取ることができるのであれば選択すべき返済方法です。

楽天のキャッシングを一括返済して利用枠を戻そう!

口座引き落としで支払う場合の注意点

口座からの引き落とし日は、発行元のクレジットカード会社がそれぞれ定めている締め日と支払日に従って定められています。例えばオリコカードでは月末に締め日で翌月27日払いです。もし10月24日に一括払いのキャッシングをしたら、11月27日に口座からキャッシング利用分と利息分の合計金額が口座から引き落とされます。

確実に引き落としされるには前日までに口座に入金されていることが望ましいので、この場合は11月26日までに登録された銀行口座に入金しておけばよいということになります。この方法の難点は支払日が限定されていることです。

そのためリボ払いの利息が日割りの場合、早く返済できる方法に対して余計な金利手数料を支払うことになります。ほかに早めに支払える方法があれば、そちらを選んだほうが良いでしょう。また、特に「一括払い」の場合借入時に想定していなかった出費が発生して入金が難しくなっている可能性もあります。

「リボ払い一括返済」ではすでに支払う意思を示しているのであまりないとは思いますが、もし引き落としされる金額分が前日までに入金できていない場合、支払日の早い時間に入金しましょう。カード会社の引き落としのタイミングによっては間に合う可能性も残されているからです。

万が一引き落とし日までに入金するのが困難な場合、カード会社から督促が来る前に電話などで事情を説明し、改めて支払える日を伝えましょう。遅延金などのペナルティを受けるかもしれませんが、大きなトラブルに巻き込まれずに対応してもらえるはずです。

こちらから電話をかけないでいると、「再度引き落としがかかるので何日までに入金いただけますでしょうか」とカード会社から連絡がきます。もしこの連絡に対応しないでいると、完全に遅延者としてCICなどの信用情報機関に事故情報が登録されます。

こうなるとカードを強制解約されたり新規のカードや各種ローンの申請を拒否されたりするなど深刻な事態に陥る可能性が出てきます。特に「リボ払い一括返済」をしている場合、カード会社への再度の申請ははっきりといって二度手間です。

現在の家計事情と相談の上、一括返済が難しい場合は最初の申請で複数月分の支払いを申請して多めに返済するなど、地道な返済計画を立てるよう心がけましょう。

場合によってはカードローンへの借り換え検討を

初めに述べたように、クレジットカードのキャッシングはカードローンを使うよりも高い金利が設定されています。もしキャッシングの金利負担が重く返済の見通しが立てにくい場合、いっそのこと金利の低いカードローンに借り換えてしまったほうが良い場合もあります。

こうすると借り換え以降に発生する金利手数料はキャッシングリボを続けている時よりも抑えることができます。もちろんこの場合でも返済は早いに越したことはないので、カードローンに設定された早期支払いの方法で早く完済することが望ましいです。